高額査定  スカイライン中古車検索 スカイライン新型車見積り

日産スカイライン試乗インプレッション動画[200GT-t]ハイブリッド程のパワーはないものの、低回転からトルクが出ていてクルマ好きには200GT-tのほうが良いかも。

LastUpdate :
高額査定  スカイライン中古車検索 スカイライン新型車見積り

【新着】日産 スカイライン中古車【2018-12-15更新】


379.8万円

459.0万円

479.0万円

409.0万円

328.0万円
           

 

カテゴリー

日産   スカイライン   13代目[V37]   

キーワード

関連情報

中古車検索 中古車相場 新型車見積り
カタログ(サイズ・価格)・クチコミ 燃費
中古車買取査定

スカイラインの動画



日産スカイライン13代目[V37]はどんな車?

日産について

日産自動車株式会社は、神奈川県横浜市に本社を持つ。日産自動車は芙蓉グループに属しており、フランスのルノーと提携関係にある。 関連会社には、ボディーメーカーである日産車体、モータースポーツブランドであるニスもを持つ。 日本国外では、日産の高級車ブランドであるインフィニティ (INFINITI)を展開している。 日産自動車の世界生産台数及び販売台数は400万台で、日本国内ではトヨタ自動車に次ぐ第2位となっている。

日産スカイラインについて

スカイラインは、プリンス自動車工業(旧:富士精密工業)が製造販売していたモデル。1966年に日産自動車と合併した後は、日産自動車が継続して製造販売している。 スカイラインの車名は「山並みと青空を区切る稜線」に由来している。 プリンス自動車時代から名前が残っているのはスカイラインのみである。

日産スカイライン13代目[V37]について

V37型スカイラインセダンは、初代スカイラインから数えて13代目になる。 日産自動車栃木工場で製造し、2014年から日本国内で販売している。インフィニティブランドで展開している海外では、Q50として販売されている。 先代までは日産のバッジが装着されていたが、本モデルから世界戦略車としての位置づけを意味するため、インフィニティのバッジが装着されている。


スカイラインの動画一覧