高額査定  グレイス中古車検索 グレイス新型車見積り

ホンダグレイス試乗インプレッション動画。カタログスペックでは現れない気持ち良い走り!清水和夫さん解説。


※下記は試乗インプレッションの要旨になります。

ワンランク上、アッパーミドル級の上質な走り

このサイズから想像するセダンとしては、かなりアッパーミドル級の上質な乗り味を持っています。ちょっと激しくレーンチェンジしても、ぐらっとロールする感じがないです。重心が低いので高速の安定性は高いと思います。

エンジンが4,500回転から加速して5速、6速、この辺はレースカーみたいに小気味よく変速シフトアップできるので、高速道路走っていても楽しいですね。退屈にならない。

このグレイスの最大の特徴は、リアのCピラーが最近流行っている4ドアクーペっぽい感じになっています。ヨーロッパのプレミアムカーが積極的に取り組んでいる、セダンのデザイン革命がグレイスでも起きているんですね。

しなやかなサスペンションで快適な走りができる

これより、ちょっと道の悪いところを走ってみますね。80キロ位で走っていますけど、上下には揺れますが、ピッチングの揺れはないですね。しなやかなサスペンションなんだけど、いつもタイヤの上のボディーはフラットに動いている感じがします。

このグレイスの高速におけるドライバビリティーだったら、決して退屈なドライブと言う感じはないですね。どこまでも地平線の向こうまで行きたいなという感じがしてきました。

ここは、ヨーロッパの一般道イメージしたコースですけれども、ロードノイズが厳しい路面として知られているのですが、ホンダ車の中でも本当に静かな部類に入りますね。セダンとして後席に乗る人、あるいは助手席に乗るパッセンジャーにも快適な移動空間を提供しているわけです。

レスポンスの良いi-DCDデュアルクラッチ

それでは、このグレイスを鷹栖ワインディングコースで走ってみましょう。せっかくワインディングを走っているので、Sモードを押してみましょう。

やはり、デュアルクラッチなのでギヤがダイレクトに噛み合っていますから、アクセルを例えば5ミリ踏んだだけでも、スッと車が出る。この感度の良さ、レスポンスの良さ、この瞬間がデュアルクラッチだなぁという感じですね。

パドルでギヤダウンして5速、すぐにギヤが落ちますね。だから、意味もなくパドルを触りたくなってしまう。シフトアップ、ダウンのレスポンスも良いし、アクセルに対しての応答性レスポンスも良い。レスポンスが良いと言うのがデュアルクラッチi-DCDの大きな特徴ですね。

「結構行くね、これハイブリットなの?リッター30キロ越えの燃費のエコカーとは思えないね」1.5リッターのデュアルクラッチハイブリッドですけれども、マニュアルモードを選択すれば、やはりここはホンダのスピッツの世界に引きずり込むこむことができますね。

「カーブを立ち上がってシフトアップ。5速、6速、あっ!7速がある。そうか、これ7速か!シフトダウンいいね!いやぁ、結構楽しいなぁ」

ちょっと自分だけ楽しんでしまいました・・・

今日は色々と乗ってみて、僕が感じたのは、この車は本当にドライバーズカーだと言うことです。これはカタログのスペックからでは到底想像できない、気持ちの良い走りが待ってます。


ピッチングとは、車の挙動3大要素の一つ。
前輪のサスペンションが沈んだ時に後輪のサスペンションが伸び、次にその逆の動きをする、車体の前後方向へのシーソーのような動きを言う。
柔らかい足回りの車で走行中にブレーキングをすると車体が前方向に傾き、ブレーキを離すと一瞬後ろ方向へ車体が傾く動きと言った方が理解しやすいかも知れない。
ピッチングの大きい車は乗り心地が悪いが、まったくピッチングしない車は曲がりにくいだけでなく、大変危険である。足を固めたチューニングカーには付き物です。

走り屋自動車工学-ピッチング

LastUpdate :
高額査定  グレイス中古車検索 グレイス新型車見積り

【新着】ホンダ グレイス中古車【2018-11-15更新】


179.8万円

219.8万円

210.0万円

158.0万円

159.8万円
           

 

カテゴリー

ホンダ   グレイス   1代目   

キーワード

関連情報

中古車検索 中古車相場 新型車見積り
カタログ(サイズ・価格)・クチコミ 燃費
中古車買取査定

グレイスの動画

関連する記事は見当たりません。



ホンダグレイス1代目はどんな車?

ホンダについて

本田技研工業株式会社は、東京都港区に本社を持つ。創業者である本田宗一郎が有名である。 自動車、オートバイをはじめ、航空機、汎用製品(農作業機械、発電機、船舶機器)の製造販売も手掛けている。また、二足歩行ロボット(アシモ)や小型ジェット機(ホンダジェット)、ジェットエンジンなどの研究開発も行っている。 日本国内では、トヨタ自動車、日産自動車に次ぐ第3位の自動車メーカーである。 アメリカでは大衆車ブランドのHonda、高級車ブランドのAcura(アキュラ)の2ブランドで展開している。アメリカでのブランド力は絶大で、アメリカの収益はホンダの柱となっている。

ホンダグレイスについて

ホンダグレイス1代目について


グレイスの動画一覧