高額査定 

買取契約後の買取金額減額にはどう対処すれば良いのか?

車を引渡した後に買取業者から買取金額の減額をされる

車の買取査定でよくあるトラブルは、実際に支払われる金額が、実車を査定をしてもらった時に提示された金額より減額されてしまったケースです。

買取金額を決めるために車を実際に確認する時間はおおよそ15分程度。長くても30分です。エンジンの調子を見るためにエンジンをかけることはありますが、実際に運転することはありません。

買取査定業者が提示した買取金額に納得して契約。そして、車を引渡した数日後、「詳しく調べたところ、別にも不具合が見つかったので、買取金額を減額します」と連絡が来るのですね。

私たち一般ユーザーからしてみれば、「プロが車を実際に査定しているんだから、後になって不具合が見つかったからって、買取金額を下げると言われても困る」と思いますよね。

しかし、15分程度ではおおよその部分しかチェックできないのです。

そのため、実車査定時には見つからなかった不具合が後に発見されて、このような事態になってしまうことはあり得ることなんです。

契約後の買取金額減額をする車査定業者とは取引しない

車を引渡した後に「後で不具合が見つかった」と言われても、一緒に確認しているわけではないので、本当に不具合があるのかも分かりません。すでに、車は契約をして業者に渡してしまっているので、売った側であるユーザーは限りなく不利な状態になります。

それでは、「車引渡し後の減額請求のトラブルを回避する方法はあるのか?」と言うことになります。その方法とは、実車査定をする前に、「契約した後に査定金額の減額ってあるのですか?」と車査定業者に確認することです。

そして、「場合によっては、減額するかもしれない」と回答してきた業者とは取引をしないことです。

「車引渡し後の買取金額の減額はしません」と言ってきた業者に関しては、「契約締結後の買取金額の減額請求は行なわない」という文言が契約書に入っているかを確認しましょう。

もし入っていなければ、その文言を特約として記載してもらうようにしましょう。もし記載を拒んできたら、その業者とも取引をしないようにします。

口約束だと後で「そんなこと言っていない」と言われてしまう可能性もありますので、「契約締結後の買取金額の減額請求は行なわない」という主旨の内容を文書で必ず残しておくことです。

それをできない車買取業者とは取引をしないことです。

車の一括査定サービスを活用する

「そんなことしたら、買い取ってくれる業者がいなくなってしまうのでは?」と思われるかもしれません。でも今は、1社だけで車の買取査定をするのではなく、複数の買取業者に査定を依頼して、その中から一番高い業者に売却するのが一般的です。

以前であれば、自分が近くの買取業者を探して、店舗に行って査定してもらうことが多かったのですが、今はネットで必要事項を入力すれば、一度に複数の車買取業者に査定依頼ができます。

ネットで車の一括査定依頼をすると、すぐに車買取業者から連絡がきますので、そのタイミングで上記のことを確認しましょう。

そして、契約締結後に買取金額の減額をしない業者と取引するようにしましょう。そうすることで、契約後の買取金額減額に関するトラブルを回避することができます。

LastUpdate :
高額査定 
           

 

カテゴリー

車買取査定   

キーワード

関連情報


中古車買取査定

車買取査定の動画



車買取査定はどんな車?

車買取査定について


車買取査定の動画一覧