高額査定 

車の下取りと買取りの違いとは?下取りと買取りのメリット・デメリット

車を売却する方法は2種類ある

その昔、車の買い替えと言えば、今まで乗っていた車はディーラーに下取りしてもらって、新車の支払いに充当するのが一般的でした。

しかし最近は、ガリバーやアップル、ラビットなどの車買取専門会社が車の買取りを行うようになってきました。テレビCMも頻繁に観るようになり、車買取専門業者を使う人が多くなってきました。

車の下取りと買取りは車を売却することに変わりないのですが、売却代金の受取り方法や売却までの流れが異なります。

下取りとは、新しく車を購入(新車・中古車)したディーラーに車を売却して、売却代金は新しく購入する車の代金に充当することを言います。下取りのメリットは、車の売却と購入が1つの店舗で出来るため、売却する車を納車日まで乗っていられることです。

一方、買取りとは、ガリバーやアップル、ラビットなど、車の買取りを専門に行っている業者で売却して、現金を受け取る方法です。買取りのメリットは、複数の買取専門業者に査定依頼をすることで、一番高い買取業者に売却できることです。

車種や年式、走行距離にもよりますが、一般的に買取りの方が下取りよりも高く車が売却できる可能性が高いとされています。

下取りのメリット、デメリットについて

下取りのメリット、デメリットについて下記にまとめました。

【メリット】

・車の売却と購入が同じ店舗で出来るので手間がかからない
・納車日まで乗っている車を使うことが可能

【デメリット】

・複数の業者に査定依頼することができないので、買取りよりも安い金額になることが多い

買取りのメリット、デメリットについて

買取りのメリット、デメリットについて下記にまとめました。

【メリット】

・複数の買取業者に査定を依頼することで高額買取が期待できる

【デメリット】

・複数の業者に査定依頼するので連絡等の手間がかかる
・新しい車の納車前に車を手放さなければならない場合があるので、車を使う場合は代車等の手配をしなければならない

手間を取るか?お金を取るか?

以上説明したとおり、下取り、買取りにはメリット、デメリットがあります。

「売却金額は相場並みでも良いが、なるべく手間を省きたい」という方は下取りを、「多少手間がかかっても良いから、高い金額で売却したい」という方は買取りをオススメします。

「なるべく高い金額で売却したい」方は、車の一括査定を利用することをオススメします。複数の買取業者で競わせることで、一番高い金額で売却することが可能になります。

LastUpdate :
高額査定 
           

 

カテゴリー

車買取査定   

キーワード

関連情報


中古車買取査定

車買取査定の動画



車買取査定はどんな車?

車買取査定について


車買取査定の動画一覧