高額査定 

車の下取りと買取りのどちらが良いのか?下取りと買取りを含めて一番高い金額で車を売却する方法

高く売却したいのか?手間を省きたいのか?

車を買い替える際の、車の売却方法には2種類あり、ディーラーへの下取りと車買取専門業者への買取りです。下取りと買取りには、双方共にメリット・デメリットがあって、あなたがどうしたいのかによって選択が異なります。

ディーラーへの下取りは、売却金額が買取りよりも安くなってしまう場合もありますが、ディーラーで売却の手続きができるため、手間がかかりません。

一方、買取専門業者への買取りは、業者への電話連絡や実車査定など手間がかかりますが、下取りよりも高額で売却できる可能性が高くなります。

なるべく手間を省きたいのであればディーラーの下取りを、高い金額で売却したい場合は買取専門会社への買取りを利用することをオススメします。

【参考記事】
車の下取りと買取りの違いとは?下取りと買取りのメリット、デメリット

下取りの方が高い場合もある

一般的には、下取りよりも買取りの方が高い金額を出してもらえる可能性が高いと言われていますが、車種や色、走行距離、程度によっては、ディーラーの下取りの方が高い場合もあります。

「下取り、買取りを含めて、一番高い金額で売却する方法はないのでしょうか?」

まずは、ディーラーで下取りの見積りを取ってもらいます。その後、ネットから車の一括査定を行い、買取り査定をしてもらいます。

そして、下取りの金額と買取りの金額を比べて、高い方で売却します。そうすることで、下取りと買取りを含めた一番高い金額で売却することが可能です。

下取り査定と買取り査定をする時に注意すること

下取り査定と買取り査定をする時に注意することは、査定の順番を間違えないことです。

複数の買取業者への買取りの査定を依頼した場合、一番高い金額で売却するテクニックとして、複数の業者を同じ日、同じ時間に集めることが必要になります。

その際、「今日一番高い金額を出してくれた業者に車を売却します」と話すことで、どの業者もその日に買取れる一番高い金額を出してくれるようになります。

つまり、買取り査定の日にどこで売却するかを決めなければなりません。そのため、ディーラーの下取り金額を把握した状態で、買取り査定をすることになります。

最終的に、買取金額がディーラーの下取り金額より高い場合は買取業者へ売却、ディーラーの下取り金額が買取金額よりも高い場合はディーラーに売却。

このようにすることで、下取り・買取りを含めた一番高い金額で売却することが可能になります。

LastUpdate :
高額査定 
           

 

カテゴリー

車買取査定   

キーワード

関連情報


中古車買取査定

車買取査定の動画



車買取査定はどんな車?

車買取査定について


車買取査定の動画一覧